Lifestyle

ソアリン凄過ぎる!グランドオープンしたソアリンの感想【東京ディズニーシー・新アトラクション】

ようこそ!東京ディズニーシーが大好きな地方民のまさき(弟)です。
今回は遅ればせながら、ディズニーシーにできた新アトラクションの”ソアリン”に初搭乗して参りましたのでその感想をお届けします。

ソアリンってどんなアトラクション?

限定のリゾートライン切符

ソアリン:ファンタスティック・フライトは、海外のディズニーテーマパークで高い人気を誇る大型アトラクションです。
日本上陸に伴い、オリジナルシーンが盛り込まれた唯一無二のアトラクションです。

ソアリンのストーリー

ソアリンの舞台は、まさに貴方が訪れるメディテレーニアン・ハーバーの丘に立つ博物館です。

空を飛ぶという人類の夢を実現する、ファンタスティック・フライト・ミュージアムと呼ばれるこの博物館。館主であるカメリア・ファルコの実績を称える特別展に招かれたゲストは、そこでカメリアとその仲間たちが創り出したドリームフライヤーと呼ばれる飛行機に乗り込むこととなるのです。

ソアリンの待ち時間

オープン当初は4時間、5時間というとても長い待ち時間でした。
オープンから3カ月が経とうとしていますが、現在の待ち時間の平均は200時間前後です。

雨の日での来園でも、待ち時間が極端に減ることはありません。凄い人気です。
運よく待ち時間の少ない段階で並ぶことが出来ても、150分前後です。
待ち時間が2時間を切ることは滅多にないというか、ほとんどありません。

計画的に開演直後にファストパスを取るのが最も無難な選択です。

ソアリンの待機列の道筋

並んでまで搭乗しようとする方向けに、160分並んで初搭乗した私が、ザックり撮ってきた写真で道筋をご案内。

まずは入り口。ここにたどり着くまでに、30分くらいは待つことがほとんどです。
行列が長い時はエリアを跨いで、ミステリアス・アイランドにある海底2万マイルの入り口まで連なります。

ソアリンの入り口

このような感じに。写真に写っている場所からの眺めは次の写真

この長い待機列を徐々に進んでいくと、丁度上の写真の左下に階段があります。

もっと良い感じの写真は無いのか!と言われそうですが、待機列で他の人を極力写さず写真を撮るのは難しいのです。
階段下には大きな木が植えられており、すぐ館内につながっています。

ソアリン<ファンタスティック・フライト・ミュージアム>の館内①

ソアリンの館内は大きく3つの部屋で出来ています。
どの部屋も展示物(写真スポット)が多くあるので、ここまで乗り切れば、割と気がまぎれて並んでいるのも苦じゃなくなります

ソアリン<ファンタスティック・フライト・ミュージアム>の館内②

開けた空間に、ホテルミラコスタのように建物上部と四方の壁に様々な絵や展示がなされています。
日本は忍者。忍々!

ソアリン<ファンタスティック・フライト・ミュージアム>の館内③

参照:公式サイト

搭乗前ラストの部屋は、タワー・オブ・テラーのような映像を使ったアトラクション紹介の部屋になります。壁一面に上のような展示物がぎっしり!部屋の中央部分にカメリアの肖像画が立て掛けられています。

アトラクションの前座では、どうしたものかこの肖像画が動き出し、ゲストをドリームフライヤーへと導きます。文面ではその凄さをお伝え出来ないのですが、ハリー・ポッターの如く、目の前で急に肖像画が動き出す演出は見ものです!

最新技術を用いており、ほんとにどういう仕組みなのか分かりませんでした。
もうこの時点で感動の嵐です。

いよいよ搭乗!ソアリンの感想は?

参照:公式サイト

ソアリンはこれまでのディズニー、ランドとシーの歴代のアトラクションの中でも間違いなくベスト3に入ります!!

正直なところ、わたし自身シーにソアリンが上陸するとなった時点で、「何でディズニーに行ってディズニー以外の景色を巡るアトラクションが出来るの?」と若干理解出来ない想いを持っていました。

ディズニーといえば外の景色が目に入り、ゲストの気が逸れてしまわぬように徹底した空間造りがなされていますよね。

これはディズニー好きなら誰もが知っている事実。
ここにきてアトラクションのテーマそのものが世界中を巡るということで、矛盾あるんじゃない?と考えてしまいます。

しかし、乗ってみるとそんな想いは一瞬にして消え去ります。
壮大な世界各地の景色を、ディズニー内でも最大規模のスクリーンと画質で堪能。
搭乗席が飛行機に乗っているそのままに宙に浮かび上がります。
スクリーン上では席の動きに合わせて、雲を抜け、エベレストの景色が!

琴線を震わすようなソアリンのBGMと景色が、約5分間に渡り貴方を世界中へと誘います。

ソアリンと高所恐怖症

ここで一点、注意点が。

ソアリンはアトラクション自体が宙に浮くのと同時に、目の前の巨大スクリーンで世界中の景色を訪れます。ゲストの目には足元を見てもスクリーンに映し出された景色しか目に映らないような造りになっており、飛行機そのまま、高所からの景色や風・匂いを感じることも!

あまりのリアルさに、高所恐怖症の人には少し怖い体験になるかもしれません。
わたし自身、高所恐怖症でしたので、若干のめまいを感じてしまいました。まさにリアルVRを体感しているよう。

恐い。でもそれ以上にワクワクです。

【おまけ】ソアリンの新メニューのお味は?

参照:公式サイト

新作のチュロスはパイナップル味!ドリンクは流行りのタピオカだよ!!

実物

ドリンクはそこまで味が濃くなく、あっさりした感じで飲みやすい。ライチータピオカということで、ライチの味とタピオカの相性が非常によく、タピオカ正直好きじゃない私も満足出来る出来栄えです。

しかしそれ以上に驚いたのは、この不思議な色をしたチュロス。
激ウマです。

ニモのシーライダー近くの売店で売っている、オレンジ味の似た色合いのチュロスがありますが、絶対こっち選んで食べた方が良い。
チュロスの中で、秋シーズンのパンプキン味と肩を並べる美味さ(個人の主観です)

あまりの美味しさに私のチュロスは一瞬で無くなりました。
これは食べなきゃ損っ!

ABOUT ME
masaki
病弱な新社会人が映画のレビューをします。各種ライフスタイル記事も併せてどうぞ。