ブログ

自信がなくなるのはなぜ?【憂鬱になる原因を探ろう】

人間誰しも、生きていれば落ち込む事はあるでしょう。

「なんだか急に不安が押し寄せてきた」

「苦しい」

「会社に行くのが怖い」

こういった経験はありませんか?

まず、先にこうした不安感に襲われた場合は真っ先に現実逃避しましょう。

現実逃避例

  • 音楽を聴く
  • 映画を観る
  • 本(漫画)を読む

極端に外に出るのが怖くなったり、人に会うのが怖いと感じる場合は、うつ病の可能性があります。

こういった場合、無理に身体を動かさず、休みを取ってリラックスするようにしましょう。

逃げる事は恥ではありません。食事を摂るのと同じくらい身体・心にとって栄養になります。

ここでは、私のうつ病経験からその原因と対処法を探っていきたいと思います。

自信がない?憂鬱になる原因を探ろう

あなたがもし将来に対して何らかの不安を抱えている場合、それはきっとお金でしか解決出来ない場合が多いでしょう。

あなたがもし自分に対して自信がないと感じるのなら、それは毒親による影響だと思われます。

あなたがもし孤独感を感じているのなら、それは自分が行動(アクション)を起こす事でしか解決出来ません。

将来への不安

お金があれば解決します。

極端ですが、これはあなたに限らずみんなが感じている事です。

残酷な話ですが、悩んでいても何もはじまりません。

すこしでも多くの本を読む。資格の取得を目指したり、自己投資に時間をかけることから始めてみましょう。

ツライなら逃げてもいいですが、逃げ続けるのはやめましょう。

私の知り合いにも逃げ続け、20代半ば過ぎてもあやふやな人生を送っている方が何人かいます。

まだ、20代なら挽回の余地がありますが、年を重ねるごとに就職等でリスクが高くなります。

将来への不安は闘う事でしか解決しません。

お金に対する不安があるなら、下の本は鉄板中の鉄板。

自信が無い

うつ病やアダルトチルドレンの傾向があります。

自信が無い=自己肯定感を持てない

これらは、あなた自身が虐められた経験がなければ、親が原因になっている場合がほとんどです。

毒親に育てられた場合に考えられることは以下の2つに集約できます。

  • 親から自分の事を否定された
  • 親に全く構って貰えなかった

心あたりはありませんか?

これらが、貴方自身の自己肯定感の無さに繋がっています。

貴方がもし今も家族との繋がりがあるのなら、距離を置くことが最善の解決策となります。

ちなみに、私の場合は下の「構って貰えない」でした。

褒められた事が無かったりした場合、

「何で私を産んだんだろう?」

「私は誰からも必要とされていないんだなぁ」

こういった風に考えるようになってしまいます。(実体験より)

そんな事はありませんからね。詳しくは下で記しますが、まずは以下の本を読んでみて下さい。

私の経験上、これらの本を読めば自分を取り囲む問題の原因がわかります。

孤独感、寂しい

私も同じ経験があります。

なのでこの気持ちはホントによく分かります。

これに対する解決法はただ一つ、行動あるのみ。

悩んでいても解決はしません。

私も大学時代にうつ病に堕ち、友達もいない中で大変な孤独感を感じながら4年間悩み続けた経験があります。

この悩んでいた期間が凄く長かったわけですが、人との繋がりは自分が行動を起こす事でしか得られません。

人に会うのが怖いと感じるのなら、今はSNS等でいつでも、どんな人とでも繋がる事ができます。

自分の事を発信しましょう。

貴方が今周りに誰もいない状況でも、この世界にいる全ての人が貴方のことを嫌っているわけではありません。

皆んな貴方のことを知らないだけです。

なので自分のことを知ってもらえるようにどんどん情報発信しましょう。

今は辛くても、きっと貴方の良さを認めてくれる人がこの先現れるはずです。

かく言う私も、4年間悩み続けのちに勢いでブログやツイッターを始めた事で、徐々に人生が好転してきているのを感じています。

総括

生きていれば、当然たくさん悩む事が出てきます。

それは必然的な事で、くよくよしていても解決はしません。

貴方の悩みを私が解決できるとは思いませんが、自分の経験からそれに近い対処法をお教えする事で、すこしでもお役に立てればと思っています。

まだまだソースの少ないブログですが、説得力を持たせる事が出来るように私も努力致します。

ひとまずは、現実逃避に私のブログにお立ち寄りくださると嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ABOUT ME
masaki
病弱な新社会人が映画のレビューをします。各種ライフスタイル記事も併せてどうぞ。