ヒューマンドラマ

映画「最強のふたり」あらすじ・感想(感動の実話)

原題; Intouchables
監督;エリック・トレダノ
上映時間;112分

映画「最強のふたり」あらすじ・感想

パリに住む富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は頸髄損傷で首から下が動かない。彼は、住み込みの新しい介護人を雇うため、面接を行う。

そこに現れたのがドリス(オマール・シー)だ。この男、素行にかなり問題がる。なぜなら、ドリスは職に就く気などハナからなく、給付期間が終了間際となった失業保険を引き続き貰えるようにするため面接を受け、不合格になったことを証明する書類にサインが欲しいだけだからである。

一見すると、即不合格であるが、何と周囲の反対を押し切りフィリップは彼を採用してしまう⁉︎

感想

大富豪の白人と貧しい生活をするアウトローさ全開の黒人が、介護する・されるの生活の中で確かなケミストリーで結ばれるという物語。

実話である事は物語の始まりにも告知されますが、ある種の社会メッセージ性も少なからずありますね。

ひねった映画の展開と、この白人のフィリップと黒人のドリスの友情が作品の時間経過とともに濃くなっていく様は圧巻です。ものすごく自然な流れで表現されているのを感じました。

映画の合間を縫って流れるクラシカルなピアノのbgmも映画の表情を柔らかくする一助になっています。

2011年にフランスで公開されてたちまち大ヒットを飛ばした作品です。

評論的な意味合いでも、各媒体から軒並み高い評価を得ている作品になりますが、それは確かなものだとはっきりお伝えする事ができます。

キャスト

フィリップ
フランソワ・クリュゼ
ドリス
オマール・シー
イヴォンヌ
アンヌ・ル・ニ
マガリー
オドレイ・フルーロ
マルセル
クロティルド・モレ
エリザ
アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ・

ドリスはアダルトチルドレン

家庭環境は良くない事は映画を観れば明らかです。

ここで書く事が難しいくらいには複雑。

ドリスは養子であり、映画の冒頭付近では、迎えいれられた里親にも見放されてしまいます。

そんな悲しい一面も持ち合わせながらも、決して自分からそういった事情を打ち明ける事なく明るく振る舞うドリスの姿が印象的です。

そして何よりもこの映画、本来なら人々が避けがちな障がいしゃの介護(ケアワーカー)にスポットが当たっているにも関わらず、そういった面をマイナスに魅せないところが秀逸です。

参照;https://vod-halloffame.com/movie/7083.html

いいですねぇ。

ドリス

今作、ドリス役を演じているのはオマール・シーというコメディアン。

はい、経歴見てびっくりなんですが、俳優という訳ではないんですね。この映画の公開当時のキャリアを見る限り、本業はコメディアン。

どうりで、楽しい奴感が上手い訳だ。

この映画、フィリップを介護する中で、2人の間にケミストリーが生まれるドラマ性が強い作品です。

映画を観ると、とにかくドリスに目がいきます。キャラが立っていて目が離せません。

名言

なぜ人は芸術に興味を持つ?

唯一残せる足跡だから

by フィリップ

さらっとこんなセリフが流れますが、ここ大事です。

私たちが子供を産むのは子孫を残す事で、自分の生きた証とするからです。

では、子供を産まない場合は?

「人は生まれながらに、この世に何らかの爪痕を残すものだと聞いた事があります」

こんなような文を昔買ったCDのライナーノーツ(解説書)で書いてる人がいたのを唐突に思い出しました。(School of Seven Bells 4thアルバムより)

この問いの答えが、ある人は子供を産んで子孫を残す事であったり、またある人は歴史や文化に名を残す事であったり、、、

「自分が楽しく過ごせればいいや」とこんな深い事考えない人もいるかと思いますが、それが良いか悪いかは別として、フィリップは障がいを持ち、妻にも先立たれています。そうした自分の人生を”何を遺せるのか”という視点に立って捉えているのをこのセリフから感じました。

まぁ直接、映画の内容とは関係ない部分になりますが、こういった考え方、個人的に好きなもので。

まとめ

映画のポスター通り、明るいトーンで非常に楽しく観る事ができる映画です。

音楽好きにはたまらない場面も⁉︎ありますよ!!

ぜひ、一度ご覧ください。

ABOUT ME
masaki
病弱な新社会人が映画のレビューをします。各種ライフスタイル記事も併せてどうぞ。