自己啓発

「人生は20代で決まる」 TED名スピーカー、メグ・ジェイ。新社会人による書評

本屋でよく平積みされているので気になった方も多いはず。

特に新社会人におすすめの本です。

「長い人生の中でも、20代のうち主体的に考えて行動を起こした人とそうでない人では、その後の人生に大きな開きができますよ」と言った内容の本です。

この本で学べること

生涯賃金の伸びの3分の2はキャリアの最初の10年間に起こる

人生を決定づける出来事の80%は35歳までに起こる

半数以上の人が30歳までに将来のパートナーと出会う

脳が人生最後の成長を遂げる

ted名スピーカー、メグ・ジェイって誰?

アメリカの心理学者。(発達心理学)

ヴァージニア大学で心理学を学ぶ。

非営利の冒険教育機関アウトワード・バウンドで5年間インストラクターを務める。

カリフォルニア大学バークレー校で臨床心理学とジェンダー学の博士号を取得。

現在はヴァージニア大学で臨床心理学准教授を務める傍ら、私設のクリニックでカウンセリングを行う。

本の概要

全3部構成

第1部 仕事(1章〜5章)

第2部 恋愛(6章〜10章)

第3部 脳と肉体(11〜16章)

 

感想

無理して買う必要はありません。

内容は彼女のカウンセリング歴による、学生や社会人成り立ての若者との交流・体験記です。

その経験より、この著書を通じて若者たちに“人生を主体的に捉えて、20代を過ごしなさい”とメッセージを投げかけています。

多くのブロガーが必要部分を要約して記事にしていますが、そう言った記事を読むだけで、著者が伝えたい内容の理解は出来ます。

ちなみに第2部の恋愛については、女性向けのような内容です。著者が女性なので仕方ありませんが、、、。

人生が20代で決まる理由

メグ・ジェイが本著でこう述べる理由。

非常にシンプルです。

20代にすべきことを残すと、30代になった時に選択しなければならない問題を多く抱え込むことになるからです。

具体的には、

  • 結婚
  • 住む場所の選択
  • お金を稼ぐ
  • キャリア選択
  • 貯蓄
  • マイホーム購入
  • 子供を産む

以上のようなことが挙げられます。

20代でこれらの問題から目を遠ざけ棚上げにすることで、30代になった時に一度にこれらの選択を迫られることになるでしょう。

当然ですが、一度に全てを解決することはできません(余程お金持ちにならない限り)

20代の正しい過ごし方

私が特に重要と感じたことを抜粋して要約します。

アイデンティティ・キャピタル

いきなり専門用語で申し訳ない。

これは即ち、時間をかけて身につけた自分の経験やスキルのことです。

学位や仕事、テストの成績、クラブ活動のように履歴書に載せられるものもあります。もっと個人的なアイデンティティ・キャピタルもあります。たとえば話し方、住んでいる地域、

問題の処理能力、外見や印象など

P52より引用

社会生活を営むために個人が有するあらゆる経験値を指します。

自分探しをし、同時にその途上で社会に関わっていこうとする勇気を持つ20代は、より強いアイデンティティを得ることでしょう。より高い自尊心を手にし、より辛抱強く、現実的になれるでしょう。アイデンティティ獲得への道は前向きな結果に結びつきます。

P53より引用

簡単に言うと「逃げちゃダメだ」(シンジ君風)です。

若い世代でも、意識を高く持つかどうかで就活すると大なり小なり差が出ますよね。

自分自身の性格を変えたり、偽ったりする必要はありません。

いろんな人がいますが、自分の個性を大事にしつつ、その中で自分の強みとなる部分に自信を持って社会生活を営むことが何よりも重要です。

メグ・ジェイはこの著書で、自信を失いかけた若者が非正規雇用に逃げ、「まだ問題を先延ばしにしても若いから大丈夫」といった楽観思考に危機感を持つようにと諭しています。

当然ながら人生はそんなに甘くはないです。

今ではYoutuberやブログ一本で生活といったフリーランスも珍しいことではありません。

しかし、誰もがそうやって成功しているわけではないということも同時に認識しなければなりません。

下手な空白期間や職歴はそのもの自体がマイナスになるということです。

アイデンティティ・キャピタルとはすなわち、これからの人生を生きるための自己啓発とも言えます。

20代が犯す失敗

自分の人生なのに他人事(主体性の無さ)

潜在意識に耳を傾ける

これは俗に言う自己分析のことです。

自分が何をしたいのか、という人生の目標を定めて人生を生きること。(主体性を持つという事です)

最初の方に挙げたように、自分の人生なのにどこか他人事。あろうことか誰か他の人の選択に乗っかってうまくレール任せに生きられないかななどと考えてはいけません。

残念ながら、そんな白馬の王子さまやプリンセスはそう簡単にあなたの物語に登場しないはずです。

小さく、簡単な事からでいいので何か目標を設定してみましょう。

資格の取得や給料の何割かをマイホームや結婚資金、旅行などの為に貯蓄するでもいいです。

なるべく短期間で達成できる目標を定め、それをPDCAサイクルで回していくのが理想です。

小さな成功体験はのちに大きな自信となって自分の元に還ってきます

これを続けることで、2年3年と月日を重ねるごと自分の戦闘力は増し、あなたの後の人生はきっと素晴らしものになるはずです。(新社会人が知ったような事適当に言ってます)

人生は20代で決まる<恋愛について>

第2部の内容ですが、要約すると

“晩婚だと子供を産む時にリスクが高まる” その為に早めに将来の伴侶を決めておく事が大事。といった内容です。

正直、男女関係なく真面目くさって読む必要はないと私は感じました。

こうした内容でしたら、こちらの本を読んだ方が断然有益かと。

なかなか読み応えあるのでお暇があれば一度手にとってみてください。

関連書籍のおすすめ

勿論、私が読んで色々勉強した経験から。

生きづらさの解決

発達心理学に関するビジネス書です。

アイデンティティを見直すきっかけをもたらしてくれます。

結婚に関するあれこれ

自己分析はこれ一冊でOK

就活関連の自己分析書は買ってはいけません

限りなくお金の無駄に近いです。

ABOUT ME
masaki
病弱な新社会人が映画のレビューをしたり、ディズニー愛を語るブログ。